NPA 新潟ポケットビリヤード連盟

新潟ポケットビリヤード連盟のページです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【第12条】 (選手派遣)

1) 都道府県対抗戦以外のアマ連公式戦(球聖戦、名人戦等)、または東日本各県支部公式戦にアマ連枠がある場合、前年のランキングを参考にする。ランキング上位順に優先権がある。希望者多数の場合は予選会を行う。他県との対抗戦も同様。

2) 年間最優秀選手(年間ポイントランキング1位)は翌年の新潟選手権にNPAシードとして招待される。
スポンサーサイト

| 会則 | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【第11条】 (付則)

1) 本会の規約を変更する場合は総会の決議を要する。

2) 本会則に該当しない事項が発生した時は、理事会または理事長に計り、これを別に定める。

3) 公式ボールを使用終了後は、担当者又は他連盟員の協力の下にボール磨きを実行する。

4) エントリーは、事務局、または理事長が受付、またはブログのコメント書き込みとする。

5) 月例会の3ヶ月以上の無断欠席・会費滞納者は退会もしくは除名処分にする事がある。

6) 毎月NPAブログとNIBA掲示板に、事前告知、試合の結果を掲載する。

7)他県の公式戦参加者は、ベスト・蝶タイを着用する事。ベストを忘れた場合、他の者のベストを使用する事を禁止又、出場する事が出来ない。尚、何かの理由で手元にない場合、事前に役員に報告し問題が無ければこれにあたらない。

8) 新企画・案等はその都度理事会にかけ相談の上、理事長の承認をとり基本的には翌月マンスリーにて報告する。急を要する場合の報告に関しては連盟員に対しメール配信又は電話にて報告を行う。

9) 月例会注意事項

イ、 特別な指定がない限り、午前9時50分集合〆切とする。
ロ、 参加申込は開催日の2日前(金曜日)の24時までに事務局にエントリーすること。土曜日に抽選を行う。
ハ、 ベストを忘れた場合は原則として参加は出来ない。尚、何かの理由で手元にない場合、理由に問題が無ければこれにあたらない。(蝶タイを忘れた場合は、借りて着用すれば参加できる)
ニ、 午前9時50分までに会場に電話を入れた上で遅刻した者は試合に参加することが出来る。
ホ、 無届遅刻者(午前9時50分以降)は、試合に参加できない。
ヘ、 ハ・ニ・ホ・、に限ってはペナルティーとして1日レフリー又は運営の手伝いをする事。
ト、 試合にエントリーしていても、当日欠席・遅刻失格等の場合、ポイントは与えないものとする。

10)2012年決定事項(2011年11月27日会議にて)
会員について
・準会員は都市対抗の参加権利無し、県外試合NPA枠は正会員同様に参加権利有りとする。
・B級会員の都市対抗補助金は正会員と同額になります。

月例会の10ボール開催
半期に1回、月例会で10ボール採用(好評なら2回)します。
3先…次回月例会は6試合、時間がかかり過ぎなら試合数を減らす。

2ブロック開催
月例会参加10名以上の場合、2ブロックで開催します。

NPA月例会、主催試合予定
前期…月例会5回、チャリティ予選(名人戦の前)
※月例会10ボール…ジャパンOP前

後期…月例会5回、マスターズ予選(8月or9月)
※月例会10ボール…マスターズ本選前

| 会則 | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【第10条】 (都道府県対抗戦選抜方法)

1) 前期、後期ともポイントランキング4位以内の選手は代表決定とする。
 
2) プレーオフについて

・プレーオフの参加権利は年間ポイントを参考にする。

 例①決定者4名時
  年間ポイントランキングから決定者4名を除く上位4名がプレーオフ権利獲得する。
  (残り1名枠をかけて4名リーグ戦)

 例②決定者0名時
  年間ポイントランキング上位8名がプレーオフ権利獲得する。
  (残り5名枠をかけて8名リーグ戦)

・プレーオフは2~3月に総当たりにて行う。(月例会とは別日で行う事もある)

・代表決定者はプレーオフの運営、レフリー等協力する。経費がかかった場合は実費支給する。

3) 月例会のポイントを一般参加者にも与えるが、都市対抗代表権は会員のみとする。
 但し、半期超過の参加を必須条件とする。

4) 都道府県参加メンバーを補充するために、在籍1年未満の選手が都道府県に行く場合はその後1年間はNPA会員として在籍することを条件とする。

| 会則 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【第9条】 (競技方法、ポイント)

1) 競技方法と注意事項

イ、 基本的に事務局が月例会前日までに抽選し、ポイントの集計を行う。

ロ、 競技

・ローテーション120点コールショット(10ボール3先の場合有り)のゲームをラウンドロビンで6試合行う。

・参加者9名以下の時は1ブロックにて予選を行い、上位2名で決勝戦を行う。

・ 参加者10名以上の時は2ブロックに分けて行う。

Aブロック:1位、4位、5位、8位
Bブロック:2位、3位、6位、7位
以下同様。前回月例会の順位を使用。
各ブロック上位1名が決勝進出。

・ 参加者21名以上の時は3ブロックに分けて行う。

Aブロック:1位、6位、7位、12位
Bブロック:2位、5位、8位、11位
Cブロック:3位、4位、9位、10位
以下同様。前回月例会の順位を使用。
各ブロック上位1名と、残り選手中最高勝率選手がベスト4に進出。

※前月例会未参加の選手はバランス考えて振り分ける。同クラスの選手でブロック分けの抽選を行う。

○ルール
・プッシュアウト有り、ダブルヒット無し、故意ファール有り
・45秒ルールを採用するが、予選ラウンドロビンについては、進行重視のため基本的に採用しない。後半~決勝のみ採用。
・エクステンションは1ラックに1回とする。45秒ルールの場合ゲーム進行中45秒になった時点から自動的に45秒のエクステンションに入る。

○コール
・コールがないまま撞こうとしている時は、レフリー(または対戦者)がコールをうながす(またはコールする)。
・セーフ&ファールに関わらない、言い間違い等の訂正は、レフリー(または対戦者)がおこなって良い。

○ファール
・3ファール時は相手プレーヤーはANY&ANY(先球選択の上、手玉フリー)となる。
・故意にカラーボールを撞いた場合、失格となる。
・ファール時の計時は、プレイヤーが手玉・先球の対処選択後、セット完了時からスタートする。但しプレイヤーの選択が遅い場合、レフリーが警告の上、選択前でも計時をスタート出来る。

○レフリー
・プレイヤーのリズムを崩さないようにテンポ良く大きな声で復唱する。
・新人・一般参加者がレフリーの場合は、連盟員が協力してスコア等のアシスタントやアドバイスを行う。
・新人・一般参加者がプレイヤーの場合でも、ゲーム中のプレーに対するアドバイスは行ってはならない。


2) ポイントの説明
◇マンスリーポイント[参加人数ポイント+上位ポイント]

※参加人数ポイント
優勝者が参加人数をそのままポイントに加算し、順位が下がるに従って1ポイントずつ引いていく計算です。

※上位ポイント(ベスト8位まで)
1位-15pt 2位-10pt 3位-8pt 4位-6pt 5位-4pt 6位-3pt 7位-2pt 8位-1pt

例: 20名参加の場合
優勝者のポイント計算は 20pt(参加人数ポイント)+15pt(上位ポイント)=35pt
準優勝者のポイント計算は 19pt(参加人数ポイント)+10pt(上位ポイント)=29pt

| 会則 | 15:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【第8条】 (会計)

1) 本会の経費は次に挙げるものをもって、これに充てる。
① 月例会費 ② 事業収入 ③ 寄附金 ④ その他
 
2) 本会(マンスリー)の会費を次の通りとする。
◇ 月例会費(会場費1,000円を含む)
  一般男性会員  4,000円
  B 級 会 員  3,500円
  学生会員、女性会員3,000円
  準 会 員  2,500円  
  一般参加者  2,000円

※年間ポイントランキング最上位の一般参加者が翌年入会した場合、一年間は月例会費2000円のまま参加出来る。辞退の場合、次点者を繰り上げ。ただし年間7回以上の参加が必要。


◇ JAPA登録費(会員のみ年間4,000円)

◇ (任意)その他NPA公認ベスト代(名前刺繍込み約12,000~14,000円)
 
3) 本会の会計年度を毎年1月1日~12月31日までとする。

4) 会計報告は、毎年1月もしくは2月の月例会開催日に、会計監査役が発表・報告する。

| 会則 | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT